私のまわりの吹奏楽あるある!大募集♪

金管楽器と木管楽器の違いは?その疑問ズバリ解決!

金管楽器と木管楽器の違いは?その疑問ズバリ解決!

吹奏楽で活躍する管楽器は、金管楽器と木管楽器の二種類に分類されます。

さて、「この2つの大きな違いって何?」と聞かれたらなんて説明しますか?

 

金属製の楽器が金管楽器、木製の楽器が木管楽器!・・・ん?そうでしょうか?

 

案外、わかっているようで、説明しづらいのがこの2つの管楽器の違い。

では、その疑問ズバリ解決しましょう!

スポンサードリンク

そもそも金管楽器とは?

金管楽器の特徴は、唇の振動で音を出す楽器というところです。

金管楽器という名前にあるように、金管楽器=金属製の管楽器というわけではありません。

 

元々は金属(真ちゅう)で作られていたことが名前の由来ですが、非金属製の金管楽器も存在します。

 

発音の仕組みは以下の通り。

マウスピースに唇をつけ、息が吹き込まれると、空気が管内を通ってベルから音が発せられる。

 

代表的な金管楽器

トランペット

金管楽器の中では最高音域を受け持ち、曲中でもメインのパートを受け持つことの多い“花形”楽器

ピストン(奏者の右手指付近にある円筒状のもの)と呼ばれるものを押すことで空気の通り道を変え、音程を変えることができます。

 

ホルン

長い管がカタツムリのように巻かれた楽器。

木管楽器にも溶け込むような柔らかい音を奏でる一方で、力強い音を奏でることもできます。

また音が外れやすく、『世界一難しい楽器』とも言われています。

右手をベルの中に入れて演奏します。

 

トロンボーン

伸びたり縮んだりする姿が目にも楽しいこの楽器。

左手で楽器を持ち、右手でスライド管を伸び縮みさせて演奏します。

このスライドを利用することで、高音と低音を行き来するグリッサンドもなめらかに奏でることができます。

音によってはスライド管をかなり伸ばさないといけない時もあり、奏者によっては腕の長さが足りず指先で管を挟んだギリギリの状態で演奏する、なんてことも。

 

では木管楽器とは?

木管楽器は、唇の振動で音を出す金管楽器に対して、唇の振動を使わず音を出す楽器のことを言います。

ですので、金管楽器以外の管楽器はこちらに分類されます。

こちらも『木管』だから木製というわけではありません。

 

では何を使って音を出すのかというと、主には『リード』と呼ばれるものです。

 

リードとは、竹などで作られる薄い板のようなもの。

リードにも種類があり楽器によって使うリードも異なります。

 

引用:https://www.nonaka.com/

写真のリードはクラリネット用のもので、1枚片のシングルリードと呼ばれます。

それをマウスピースに固定し息を吹き込み発音します。

 

他に、オーボエ等に使用される2枚の薄片が重なったダブルリードと呼ばれるものも存在します。

引用:https://www.yamaha.com/

マウスピースは使用せず、吹き口はツンッとリードが飛び出しているような格好をしています。

 

また、身近な木管楽器としてリコーダーがありますが、リコーダーはリードを使いません。

リードを使わない場合、エアリードと呼ばれ、フルートやオカリナなどもそれに分類されます。

 

代表的な木管楽器

クラリネット

吹奏楽の楽器配置では前列の真ん中に配置されることが多く、吹奏楽の中心的存在であり、トランペットと共に主役をつとめます。

管は主に木製で黒色のものが多く、約4オクターブという管楽器の中で最も音域が広いのが特徴です。

時々、奏者の意思に反しピーッとなってしまう事を、リードミスと呼びます。

 

『木管』だけど主に金属で作られる楽器

サキソフォン

主に真ちゅうで作られており、管はベルに向かって広がる円すい状になっています。

艶のある音色もサックスの魅力です。

この楽器は吹奏楽ではもちろん、ジャズやポップスなどでも欠かせない存在。

クラシックでは、殆ど使われることはありませんので、吹奏楽を代表する楽器の一つかもしれません。

大きさや音程によって、ソプラノ・サキソフォン、アルト・サキソフォン、テナー・サキソフォン、バリトン・サキソフォン等に分類されます。

 

フルート

白銀等で作られています。

フルートの場合、吹き口はくわえず横向きに構え、息を吹き込み音を出します。

ピッコロに次ぐ高音域で、優美透き通った音色を奏でます。

また、細くて軽いため持ち運びもしやすい楽器です。

 

ズバリ金管楽器と木管楽器の違いって何?

金管と言ってもすべてが金属ではない場合もありますし、木管もすべてが木製ではありません。

また、マウスピースを使うかリードを使うか?ということでもありませんね。

では金管楽器と木管楽器の違いはなんと説明したら良いでしょう?

 

金管楽器と木管楽器の違いはズバリ!

「唇の振動」によって発音されるか否か

と言っても過言ではありません!

 

これが一番しっくりくる説明だと思いませんか?

まとめ

金管楽器と木管楽器の違いについて書いてみました。

この違い、わかっているようで、実はよく考えたら説明しづらい問題ですよね?

金管楽器と木管楽器には、他にも違いはありますが、大きくは「唇の振動」によって発音されるか否か?ということになると思います。

疑問は解決したでしょうか?