私のまわりの吹奏楽あるある!大募集♪

クラリネットのチューニング方法

クラリネットのチューニング方法

クラリネットのチューニングは、本体とバレルの間を抜き差しすることで行います。

ただし、抜いた分だけ隙間の空間が広がってバランスに影響を与えてしまうので、
極端に抜かなければいけなかったり、逆に低すぎて合わせることができない場合は、
違う長さのバレルを購入して装着するといいでしょう。

 

ただし、違う長さのバレルを装着した場合は、
楽器全体のバランスが変わることがあるので注意しましょう。