私のまわりの吹奏楽あるある!大募集♪

トロンボーンのチューニング方法

トロンボーンのチューニング方法

トロンボーンのチューニングは、ベルセクションについている主管抜き差し管で行います。

同じ音程分を下げるときに、この部分を抜く長さとスライドを抜く長さは同じなので、
基準音をもらったら、スライドを抜きながら耳で合わせ、
それと同じ長さだけ主管抜き差し管を抜けば、
作業の手間を省くことができます。

 

あと、トロンボーンのチューニングで気をつけなければいけないのは、
スライドを一番入れた状態の第一ポジションをぴったりとくっつけて合わせないこと

 

ぴったりつけて合わせてしまうと、このポジションの音の微妙な調整ができなくなってしまうし、
スライドを早く動かしたときに本体に激突して唇を痛めてしまうので注意してください。

 

テナートロンボーンは、 F 管もチューニングしよう。

アタッチメントのバルブを押して F管にした時に低い Fの音を第一ポジションで使う人は、
F管を押したときの音を Fで合わせておきましょう

 

低いFだと唇が弛んでぶら下がりやすいので、
真ん中の事を Bフラット管の Fの音と交互に比べながら
合わせるとわかりやすいです。

 

低い Fの音を第一ポジションで使わない人は、
その上のCの音で合わせておくと便利です。