私のまわりの吹奏楽あるある!大募集♪

吹奏楽の楽器 性格や特徴 トランペットは目立ちたがりな人が向いている!

吹奏楽の楽器 性格や特徴 トランペットは目立ちたがりな人が向いている!

トランペットの特徴!どんな楽器?

高い音を出すのに苦労するがそれをクリアすれば、
オーケストラでもジャズでも花形になれます。

とにかく目立つのが好きな人に向いています。

トランペットの性格や特徴、吹きやすさは?

小さい口径のマウスピースで高い音を吹かなければいけないので、
マウスピースを唇に当てた時に違和感がなく、
痛みを感じない歯並びや唇を持っていることが望まれます。

 

高い音を吹くときに、オーボエと同じように、
顔や頭にかなりの内圧がかかります。

 

その状態をできる限り楽に作ることができれば、
トランペットに向いているといっていいでしょう。

 

健康な歯の管理も不可欠です。

 

オーケストラでは、吹奏楽やジャズで通常使う変ロ長調の各だけではなく、

様々な調性の譜面を読み替えて吹かなければいけません。

 

また、楽器もBb管だけではなく、音色やレパートリーに合わせて
様々な調の楽器やロータリートランペットなども持ち替える必要があります。

 

ジャズにはフリューゲルホルンも欠かすことができませんが、
トランペットは基本的にBb管1本で大丈夫。

 

多彩な音色の変化には、何種類もあるミュート(弱音器)で対応します。

SPONSORED LINK

 

スポンサードリンク

トランペットの魅力が出ている代表的な曲

「夜空のトランペット」 ニニ・ロッソ作曲

「イタリア奇想曲」 チャイコフスキー作曲

 

「夏の夜の夢」 メンデルスゾーン作曲