私のまわりの吹奏楽あるある!大募集♪

吹奏楽の楽器 性格や特徴 チューバは体型も重要!

吹奏楽の楽器 性格や特徴 チューバは体型も重要!
スポンサードリンク

チューバの特徴!どんな楽器?

金管楽器で一番大きな低音楽器です。

楽器が大きいので、それなりの肺活量が必要です。

縁の下の力持ちと言われるチューバは、
合奏全体を支え、曲の安定感を作ります。

その快感は他の楽器では、
なかなか味わうことができません。

チューバの性格や特徴、吹きやすさは?

他の楽器に比べて管が太く長いので、
当然、息の量が沢山必要になります。

 

一口にチューバと言っても、
国によって歴史が異なり、
様々な大きさがあります。

 

自分の体格に合っているか、
いろいろ試してみるといいでしょう。

 

楽器全体が大きく基本的に椅子や膝に置いて吹くので
構えた時にマウスピースが正しい高さに来るかどうかと
ヴァルブを無理なく操作できるかをチェックしてください。

 

SPONSORED LINK

 

チューバの魅力が出ている代表的な曲

「チューバ協奏曲」 ヴォーン・ウィリアムズ作曲

「A Touch of Tuba」 Art Dedrick

「ニュルンベルクのマイスタージンガーより第一幕への前奏曲」 ワーグナー作曲