私のまわりの吹奏楽あるある!大募集♪

トロンボーンの種類や特徴!こんな珍しい種類も?画像付きで紹介

トロンボーンの種類や特徴!こんな珍しい種類も?画像付きで紹介

スライドを動かして演奏するのが特徴的なトロンボーン。

今回はトロンボーンの種類や特徴、珍しい種類のトロンボーンを画像付きでご紹介します!

ではご覧ください!

スポンサードリンク

一般的なトロンボーンの種類と特徴

一般的なトロンボーンの種類

一般的なトロンボーンの種類は大きく分けて3種類あります。

 

【1】テナートロンボーン

引用 https://jp.yamaha.com/

トロンボーンの基本となる種類。

一般的にトロンボーンというと、テナートロンボーンのことをいいます。

B♭管でロータリーをもたない、最もシンプルなトロンボーンで、音域は男性の声に近いといわれています。

ジャズをはじめとした、ポピュラー音楽に使用されることが多いです。

 

【2】 テナーバストロンボーン

引用 https://jp.yamaha.com/

テナートロンボーンにF管を付けて、ロータリーバルブで切り換えができるようになっています。

「レバー」と呼ばれる部分です。

レバーを使用することで、スライドを長く伸ばす必要がなく、低音域の発音や操作性がテナートロンボーンよりも優れています。

より早いパッセージを吹くことができて、吹奏楽やオーケストラではおなじみの種類です。

 

【3】 バストロンボーン

引用 https://jp.yamaha.com/

B♭管のテナーバストロンボーンをさらに太く、ベルも大きくしたもの。

B♭管では出せない低音域を補うため、ダブルロータリー仕様が主流です。

トロンボーンの最低音パートを担当します。

 

「バストロ」と呼ばれ、吹奏楽でもよく使用されている種類です。

以上の3種類が一般的なトロンボーンです。

 

★トロンボーンの特徴

トロンボーンといえば、伸び縮みする「スライド」

他の楽器がキーやピストンを押して音を変えるのと同じく、トロンボーンはスライドの位置で音を変えます。

よく「目印とかついてるの?」と聞かれます。

小さい子が使う鍵盤ハーモニカみたいなイメージなのでしょうか。

ドミソのシールが貼ってあるような…(笑)

 

スライドには目印はありません。

おおまかな目安はありますが、音程は奏者の感覚で調整します。

そういわれると難しく感じてしまいそうですが、この特徴が他の楽器にはないトロンボーンの魅力です。

とにかく、吹いてる姿がかっこいい!

 

また、トロンボーンは管弦楽や吹奏楽、ブラスバンド、ジャズ、ロック、ポピュラーなど、あらゆる編成やジャンルで活躍します。

トロンボーンの中で複数パートがあり、ファースト、セカンド、サード、フォース(またはバストロンボーン)に分かれています。

 

ポップスでは、フォース(バストロンボーン)はあまり登場しません。

オーケストラなどでよく使用されます。

そのため、吹奏楽ではコンクールの自由曲などで見かけることが多いです。

 

こんな珍しいトロンボーンもある!(画像付き)

先ほど、吹奏楽でもよく使用される3種類のトロンボーンをご紹介しました。

しかし、実は他にも種類があるのです。

初めて耳にする種類も多いのではないでしょうか?(私も実物は見たことありません。)

これらを画像付きでご紹介します!

【1】ソプラノトロンボーン


引用:http://suisougaku.info/

テナートロンボーンより1オクターブ高いB♭管のトロンボーンです。

管の長さがB♭管のトランペットと同じで、トロンボーンというよりはスライド式のトランペットのような感じです。

音色は、トランペットよりマウスピースやベルが大きい分、より太くあたたかい音がします。

 

【2】ピッコロトロンボーン(画像なし)

テナートロンボーンより2オクターブ高いB♭管のトロンボーンもあります。

ソプラノトロンボーンと同じく、非常に珍しいトロンボーンで、現在はあまり使用されていません。

 

【3】アルトトロンボーン


引用:http://suisougaku.info/

テナートロンボーンよりひと回り小さく、テナートロンボーンより4度高いE♭管のトロンボーン。

ソプラノトロンボーンとテナートロンボーンの中間に位置します。

テナートロンボーンと比較するとやや明るく軽やかな音色です。

まれににソロ楽器として使用されますが、こちらも現在はあまり使用されていません。

 

【4】コントラバストロンボーン


引用:http://windslabo001.blog89.fc2.com/

一見分かりませんが、よく見ると明らかに長さがおかしい。

テナートロンボーンより1オクターブ下の音域のトロンボーンです。

ワーグナーの管弦楽曲に用いるために特別に作られたそうです。

(ワーグナーすごい。)

現在ではチューバが代わりとなり、コントラバストロンボーンが使用されることはかなりまれです。

太管、細管の違いと特徴とは?

トロンボーンには、管の細い順に細管・中細管・太管の3種類があります。

細い管は明るい音色・高音が出しやすく、太い管は息の量も必要になり、音色や音量ともに豊かで華やかになります。

基本的に、テナートロンボーンであれば細管、テナーバストロンボーン・バストロンボーンであれば太管が多いです。

 

また、バストロンボーンは使用するマウスピースの太さが異なる場合があります。

バストロンボーン担当でマウスピースの購入を考えている方は要注意。

楽器店の店員さんに直接聞いてみるのがおすすめです。

ジャンルの吹き分けでは、細管はジャズ奏者に、中細管・太管は吹奏楽やオーケストラ奏者に多く使用されています。

まとめ

「トロンボーン」と一口で言ってもだいぶ奥が深いですね。

吹奏楽部でトロンボーンをやっていた方も「え、そうなの?!」と思うことがあったのではないでしょうか?

クラリネットのように、アルトクラリネット、コントラバスクラリネットなど、大曲で見かけるちょっと珍しい楽器、トロンボーンでも吹いてみたい気がします。

でも、一般的な3種類のトロンボーンも十分、音楽を楽しむことができますよ!

楽器の造りが特徴的なので、スライドをカッコよく操って演奏映えさせちゃってください!