私のまわりの吹奏楽あるある!大募集♪

フルート初心者の楽器の選び方~後悔しない4つのポイント

フルート初心者の楽器の選び方~後悔しない4つのポイント

いざ、フルートを始めよう!と思って楽器店に足を運んでみると、キラキラまぶしいたくさんの数の楽器に圧倒されるかもしれません。

フルートひとつとっても、メーカーも値段も様々

どうやって選べばいいのかわからない・・・と立ち尽くしてしまう初心者の人も多いものです。

そんなフルート初心者の人のために、楽器の選び方を紹介します。

スポンサードリンク

フルート初心者の楽器の選び方 4つのポイント

ポイント1 値段

楽器を買うときに一番ネックになってしまうのは、やっぱり値段ですよね。
フルートの値段は、ピンからキリまであります。

1万円台ので買える楽器もあれば、プロの人が使うような何百万、何千万もするようなものまで・・・。

初めてだから安くていいやー!と思って1万円台のものを買ってしまうと、いい音が出なくて上達せずに挫折・・・なんてこともあり得ます。

高ければ高いほどいい!というわけでもありませんが、初心者でも頑張ってうまくなりたい!という人は、最低でも15万円以上の予算は用意しておきましょう

ポイント2 素材

フルートをパッと見ただけではわからないかもしれませんが、楽器によって素材が違います

素材の選び方で、フルートの価格は変動します。
また、人によって吹きやすい素材が違ったり、音色も違います

自分に合った素材を、見つけてみましょう。

ポイント3 メーカー

フルートを製造しているメーカーは、日本国内だけでなく海外にも多数あります。
メーカーそれぞれに特徴があるので、メーカーの選び方もとても重要になります。

ポイント4 吹きやすさ

フルートを購入するときは、絶対に試奏させてもらってください!

いくら高くていい素材を使っていても、いくらいいメーカーだとしても、人によっては吹きにくくていい音が出ないこともあります

初心者の人は、お手頃価格の楽器のほうが、いい音が鳴るケースも少なくありません。

実際に試奏させてもらって、自分と一番相性のいい楽器を見つけてみましょう

フルート初心者にオススメの素材

フルートは、以下の素材がよく使われます。

  • 白銅
  • 洋銀(洋白)
  • 銀(シルバー)
  • 金(ゴールド)
  • プラチナ
  • 木材

この中で、初心者にオススメなのは、白銅か、洋銀(洋白)です。

 

この2つは音を鳴らしやすく、なにより価格を抑えてフルートを購入することができます

お手入れも難しくないので、初心者にはおすすめの素材と言えます。

引用:https://twitter.com/osakadolce

フルート初心者にオススメのメーカー

引用:http://www.saxflute.sk/

フルートを製造しているメーカーは、国内メーカーから海外メーカーまで多数あります。

価格を抑えても、できるだけ品質が高い楽器を選びたいですよね。

 

初心者に限ったことではないですが、フルートのメーカーは国内メーカーがおすすめです。

海外メーカーは、かっこいい!というイメージを持たれがちで、初心者の人でもつい目がいってしまいます。

 

ですが、国内メーカーのフルートは、日本のプロだけでなく、海外のプロでも愛用している人が多いくらい、高品質なんです。

  • ヤマハ(YAMAHA)
  • パール(Pearl)
  • 三響(SANKYO)
  • アルタス(Altus)

このあたりのメーカーは、高品質で低価格のフルートがあり、初心者にもおすすめのメーカーです。

フルートを長く続けるならコレがオススメ!

ドルチェ・プリモ/パール(Pearl)

引用:http://www.pearlgakki.com/flute/Dolce_Primo.php

このフルートは洋銀製なので、初心者でも鳴らしやすく、価格も抑えられた楽器です。

この楽器の特徴は、頭部管は銀製でできているということです。

頭部管が銀製であることで、鳴らしやすいだけではなく、柔らかく上質な音色を出すことができます

エチュード/三響(SANKYO)

三響の上級モデルと同じような技術を生かして、作られた楽器です。

華やかな音色が特徴的で、こちらも頭部管が銀製なので、柔らかく芯のある響きを出すことができます

胴部管は洋銀製なので、価格も抑えられて、初心者にはオススメです。

まとめ

ここまでフルート初心者におすすめのフルートを紹介してきましたが、なにより一番大切な選び方は『試奏して、自分に一番合った楽器を選ぶこと』です。

一緒に音楽を作っていく相棒は、ネットの記事にとらわれすぎず、自分で演奏してみて、選んでくださいね。